骨粗鬆症ってなに?〜骨粗鬆症の原因〜

JUGEMテーマ:健康

 

骨粗鬆症シリーズの続編です。

今回は「原因」についてまとめてみました。
原因は大きく2つのタイプに分けられます。


原発性骨粗鬆症
原因となる病気などがなく、加齢や閉経にともなって引き起こされる骨粗鬆症です。
生理的な体の変化に加え、栄養不良、運動不足、日光浴不足、喫煙、過度のアルコールなど生活習慣も骨粗鬆症の発症に大きく関係していることが分かっています。

 

原因1 加齢
骨量は若い頃は年齢が増すにつれて増加し18〜45歳ぐらいで最も多くなります。その後歳をとるにつれて減っていきます。
骨量は一生を通じてほぼ女性の方が男性よりも低くなります。
年齢と共に腸からのカルシウムの吸収が悪くなってしまうのも骨密度の低下の原因の1つです。

 


原因2 女性ホルモン、男性ンホルモンの不足
女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。
閉経後、エストロゲンが減ってしまうと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつけずに骨が脆くなってしまうのです。
60歳代では2人に1人、70歳代以上になると10人に7人といった割合で、発症率は女性が多いです。(骨のしくみや役割参照)
子宮や卵巣と手術などで摘出している方も、女性ホルモンの減少でなりやすいので、注意が必要です。

近年は、男性にも骨粗鬆症を発症する方が増えています。
男性ホルモンの低下や糖尿病、高血圧、慢性腎臓病などの生活習慣病との合併によって骨の質を劣化させ骨粗鬆症を発症・進行させています。

 

原因3 ダイエットや生活習慣
ダイエットによる栄養不足は、骨粗鬆症の原因の1つとなり、ダイエットの回数が増えると、その分骨粗鬆症になりやすくなります。
特に成長期による無理なダイエットは将来の骨密度に悪影響を与えます。

 

骨の形成に必要な、栄養素は

◆カルシウム・マグネシウム

カルシウムとマグネシウムはセットで吸収されます。どちらかが欠けていても吸収されません
・カルシウム イワシ、桜えび、しらす干し、小松菜 など
・マグネシウム 昆布などの海藻類、ゴマ、ナッツ類 など


◆ビタミンD

ビタミンDもカルシウム吸収を助けると共に、カルシウムが骨にくっつくように助ける働きも行っています
・サケ、イワシ、干し椎茸、卵黄 など


◆ビタミンK ビタミンKは骨の吸収を抑える働きと、反対に骨を作ることを促す働きがあります
・納豆、モロヘイヤ、チーズ など

 

 

 

 

その他に、鉄やリンが吸収を助けてくれます。
これらが不足すると、骨がうまく形成されず、骨粗鬆症になりやすくなります。
ダイエットや洋食では、ビタミン、ミネラルが不足しがちになるので、注意が必要です。
また、ビタミンDは食品からもとれますが、太陽の光によっても作られます。太陽の光を浴びる方が効率も良いです。
散歩など、日光浴(1日20分から1時間)をすることも骨訴訟症予防になります。

運動不足、喫煙、過度のアルコールやカフェインの摂り過ぎ、糖分過多などの偏った食事、ストレスなどによる
生活習慣も骨粗鬆症を引き起こす原因となります。


続発性骨粗鬆症
特定の病気や、服用している薬が原因となって骨強度が低下する骨粗鬆症です。

 

原因となる主な病気
・副甲状腺機能亢進
・内分泌疾患
・関節リウマチ
・動脈硬化
・慢性腎臓病
・慢性閉塞性肺疾患
・糖尿病
などです。

 

骨に影響を与えるホルモンの不足、骨を形成す細胞の変性、骨質を劣化させる物質が増え骨がもろくなったりします。
薬の副作用において代表的なものに、ステロイド薬の長期服用があります。

 

◆糖尿病
糖尿病においては、骨密度が低下してないにも関わらず、大腿骨近位部骨折のリスクが1.4〜2倍に高まるという報告があります。
高血糖状態が体内の酸化ストレスを増加させ、骨の中に存在する骨コラーゲンのうち、悪玉架橋を増加させることで、骨質を劣化
させ、骨折のリスクが高まると考えられています。
(骨のしくみや役割参照)

 

◆慢性腎臓病
腎臓の機能低下が続く病気で、腎臓は老廃物を体外に排泄するだけでなく、体内のミネラルを調節して骨を丈夫にする働きがあります。
ビタミンDの活性化が弱まり血液中のカルシウム量が減り、それを補おうと骨からカルシウムが溶け出して骨がもろくなります。

 

◆ステロイド性骨粗鬆症
薬の副作用による代表的なものが、ステロイド性骨訴訟症です。
ステロイドの投薬開始後、3ヶ月以内で骨への影響が現れ、長期間使用している方の50%で骨粗鬆症を発症しているという報告もあります。
ステロイド薬を長期間使用する病気には、慢性閉塞性肺疾患、関節リウマチ、気管支喘息、膠原病など自己免疫疾患などが挙げられます。


この他の原因として「カルシウムラパドックス」というものがあります。
「カルシウムの摂り方が足りないと、骨が弱くなる」というのが常識ですが、「カルシウムの摂り方が足りないと、血管や脳には逆にカルシウムが増えてくる」というのがカルシウムパラドックスです。

 

このカルシウムパラドックスは生活習慣病やいろいろな体の不調の原因にもなっています。
カルシウムパラドックスが色々な病気や体調不良の原因の1つに必ずといっていいほど関与しているので、知っておいてほしい大切な情報の1つです。

とても大事なところなので、次回「カルシウム」についてまとめたいと思います。

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

骨粗鬆症ってなに?〜骨粗鬆症とは〜

JUGEMテーマ:健康

 

今や骨粗鬆症の患者数は1100万人を超えており、8割は女性といわれています。
近年では男性の骨粗鬆症のかたも増えてきており、220万人以上と推定されています。

 

前回は「」についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
骨は無機質でカルシウムの固まりのようなイメージがありますが、「骨は生きている」ことを理解して頂ければOKです。

 

今回は「骨粗鬆症」です。

 

骨粗鬆症とは?
骨密度が低下し、骨折しやすくなる骨の状態をいいます。
スが入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなってしまい、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。
骨粗鬆症による骨折から、要介護の状態になり、生活の質が著しく低下してしまいます。

 

 


 

しかし、骨密度だけでは説明できない骨折のしやすい方が増えてきて、「骨質」に違いがあることも分かってきました。

 

「骨強度が低下し、骨折しやすくなる骨の病気」

 

という定義に変わりました。


骨強度 =骨密度(骨量)7 : 骨質 3

 

「骨強度に」には骨密度が70%、骨質が30%関係しているといわれています。

つまり骨粗鬆症は、骨密度の低下と骨質の劣化の両方が影響しあって骨折リスクが高まる病気といえます。

骨密度は、骨を壊す作業(骨吸収)と骨を作る作業(骨形成)とのバランスとの説明をしました(骨のしくみと役割)。
 

骨質とは?

骨はカルシウムとコラーゲンで形成されていますが、骨質はコラーゲンが関係します。

コラーゲンは鉄筋に当たるといいましたが、「鉄筋が規則正しく、しっかりと組み立てられているかどうか」が問題なのです。
コラーゲン分子の結合を、「コラーゲン架橋(かきょう)」といいます。

架橋というのは、結びつきのことです。


善玉架橋 コラーゲン架橋が規則正しく、しっかりしているものをいう
悪玉架橋 コラーゲン架橋がバラバラになっているものをいう

 

 

 

 

善玉架橋ではコラーゲンの束が規則正しくならび、骨は頑丈になるだけでなく柔軟性も高まり、骨折しにくくなります。
 

反対に悪玉架橋では、骨がただ硬くなり、かえって柔軟性が低下し、外力が加わると折れやすい状態になります。

骨に含まれるコラーゲンは、加齢によって劣化します。
すると悪玉架橋の状態になりやすく、鉄筋がきちんと入っていないと建物が弱くなるように、骨ももろくなってしまいます。

しかし、骨のコラーゲンが劣化する速度や程度には、かなり個人差があります。なぜ差が生じるのか…

 

 

その要因として最近の研究から、ホモシステインというアミノ酸と、ビタミンB6などが重要な働きをしていることがわかってきました。

 

 

ホモシステインとは、アミノ酸が体内で代謝されるときに発生する物質で、酸化されて有害な活性酸素を発生させ、血管を硬くし、血管壁を傷つけます。
このホモシステインが悪玉化可溶を促進する要因でもあるのです。

 

骨質を高めるには、ホモシステインを減らし、骨コラーゲンの悪玉架橋を作らないことです。
ビタミンB6、B12、葉酸には悪玉架橋を作らない効果があります。

 

 

ビタミン   B6 レバー、マグロ(赤身)、ニンニク、ゴマ など
ビタミン   B12 サンマ、レバー、しじみなどの貝類
葉酸      のり、緑茶、枝豆、モロヘイヤ など

※ビタミンB類は一緒に摂ると、相乗効果が期待できます。


 

骨粗鬆症は、原因によって大きく2つのタイプに分けられます。

 

1.原発性骨粗鬆症

2.続発性骨粗鬆症

 


骨粗鬆症の多くのタイプは、「原発性骨粗鬆」のよるものです。
これは、無理なダイエットをされた方や加齢によるものなど、生活に密着していること多いので、
次回は「骨粗鬆症の原因」についてしっかりまとめてみようと思います。

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ♪

 

 

 

 

骨粗鬆症ってなに?〜骨のしくみと役割〜

JUGEMテーマ:健康

 

高齢者の歩行困難の主な原因の一つに「骨粗鬆症」があります。
骨粗鬆症という名前は聞いたことはあるけれど、それって私に関係あるの?と思う方も多いと思います。
骨粗鬆症を防ぐには、実は若い頃からの食事や生活がとても大事になります。


まずは、骨のしくみと役割について紹介しますね♪

 

1.骨は生きている
「骨」というと博物館に展示されている恐竜の骨格や理科室の骨格模型などを想像されるかと思いますが…

 

骨は生きている

 

生きているから、骨折した骨が新しい骨を作って、元に戻るのです。
実際に、骨の内部には細い血管が張り巡らされており、骨の細胞が活発に働いています。
人間の体内カルシウムは99%は「骨と歯」、残り1%は血液中にイオンを帯びたかたちで存在しています。

 

 

 

2.骨の成分
骨はカルシウムだけではありません。
たんぱく質の一種であるコラーゲンとカルシウム(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、リン酸マグネシウム)が主で、骨の固さを作っています。
コラーゲンを骨の芯にして、カルシウムをくっつけて新しい骨を作ります。

 


 

 

3.骨は毎日生まれ変わっている
骨は、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。
これを「骨代謝」といいます。

 

人の全身の骨が生まれ変わる周期は、成人で1000日(約3年〜5年)といわれています。

骨が生まれ変わるのには理由があります。
 

1.人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムを体の各組織に

   送り出す
2.古くなった骨を若返らせる。しなやかで強い骨を作り、維持している。
 壊される骨と、新しく作られる骨は生まれ変わる前と同じ量

(1000gr)が維持され、強度が保たれています。

 

破骨細胞
破骨細胞は骨を壊す細胞です。これを「骨吸収」といいます。古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かし、溶けたカルシウムは再び血管を通り、体内へ運ばれて行きます。

 

骨芽細胞
骨芽細胞は骨を作る細胞です。これを「骨形成」といいます。
コラーゲンを作り出し、そこにカルシウムを付着させり「のり」となるたんぱく質を塗っていき、そこに血液から運ばれてきたカルシウムが自然に付着して、新しい骨ができます。

 

 

 

 

 

4.骨の役割
・体を支える。重力や気圧に押しつぶされず、生活できる
・カルシウムの貯蔵庫としての役割。血液のカルシウム濃度は一定に保た

   れる必要があり、不足すると骨から溶か し出され、各組織へ運ばれて

   いきます。逆に、余った時には骨に蓄えられています。

 

 

年代別骨の仕組み
成長期 骨がさかんに作られ、同時に壊されているが、骨を作る力の方が強

          い。そのため、体は大きくなって行く。

成熟期 30代以降は、体が完全に出来上がり、骨量も最大となります。

    骨を作る力と骨を壊す力のバランスが取れている時期である。

高齢期 40代以降は、骨量がゆるやかに減少していきます。
    骨を壊す力の方が強い時期になります。

 


骨は、絶えず古い骨が壊され、新しい骨を作る、この2つのシステムにより、毎日少しづつ骨を作り変えているのです。このシステムのバランスが崩れた時に、骨粗鬆症など体の不調がおこります。
このバランスを保つことが重要なのですエクステンション

 

次回は骨粗鬆用についてわかりやすくまとめますねニコ

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

「メタボ」と「ロコモ」の関係は?

JUGEMテーマ:健康

 

患者さんに高齢者の骨折、骨粗鬆症や変形性関節症の方が多くなってきており、日本が着実に高齢化社会へっ向かっていることを実感します。
それに伴って「健康」についてフォーカスされていますが、よくわからないキーワードも増えてきました。
カタカナ用語でわかりずらい物が多いですよね〜笑

 

そこで今回は「メタボ」と「ロコモ」についてです。

 

メタボとは?
生活習慣予備軍の指標として急速に広まった「メタボ」。
太っている人の代名詞のように使われています。

 

生活習慣を変えようという意識が芽生えたという意味では、大きな一歩だと思います。

 

メタボとは「メタボリックシンドローム」といい、直訳すると「代謝症候群」です。
「代謝症候群」って、なに? という感じですよね〜

 

「内蔵脂肪型肥満」に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状が重なった状態のことをいいます。
分かりやすくいうと、「内臓脂肪をお腹にたくさん蓄えている人」ということです。

 

 


糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病になるリスクは色々な要因が関係しているのですが、日本では内臓脂肪の蓄積による肥満がベースとなって高血圧や糖尿病、動脈硬化など生活習慣病が発症することが多いということから、健康のバロメーターとして使われるようになりました。

 

お腹周りが男性85傳躇幣紂⊇性90儖幣紊肇汽ぅ困世韻之茲瓩討い襪里癲⊂しおおざっぱすぎる気もしますが…
見た目で判断というのも、分かりやすいのかもしれませんねDocomo_kao8


ロコモとは?
ロコモティブシンドローム」といい、「ロコモディブ」とは「機関車、移動」という意味があります。
医学的には、関節、骨、筋肉などの運動器を意味し、「運動器症候群」と呼んでいます。

 

運動器というのは、筋肉、神経、関節、骨など体を動かすための組織をさし、これらが衰えて動けなくなる、いわゆる歩行困難です。
歩けない、動けないというこのは人間にとって致命傷です。動けなくなることで内臓も衰え、命の危険にさらされます。

 

 

社団法人日本整形外科学会制作「ロコモパンフレット2010年度版」より

 

 

高齢者の方の歩行困難者増えるにつれ、介護問題が大きくなっており、メタボよりもこちらの方が深刻かもしれません。


そして、最近フォーカスされてきたのが、「サルコペニア」。
「加齢性筋委縮症」ともいわれ、筋肉量が減る、または筋肉が衰えることを特徴とする症候群のことです。
ギリシャ語で「肉」を表すサルコと「喪失」を表すぺニアを組み合わせた言葉です。

 

加齢、病気、座りがちな生活などによって、筋肉量、筋力が低下し、体の機能が著しく低下した状態のことです。
主な原因は加齢といわれていますが、普段あまり運動をしないと30歳頃から毎年0.5〜1%程度の筋肉量を減らすともいわれています。

 

カゼなどで2、3日寝たきりになったあと、しばらく立つのもしんどかったなんて経験ありませんか?
「動かす」という刺激が入らないと筋肉はすぐに衰えてきます。

 

タボとロコモとサルコペニアの関係
高齢化社会に向けて生涯現役で元気でいられるようになるためには、まずはこの3つに注意する必要があります。
何故かというと、次の様な関係があるからです。

 

 

メタボ(血管障害などの問題がおきやすい、運動不足)

サルコペニアの進行
体を動かさないことにより、筋力が衰える

ロコモ(関節、筋肉などの障害、歩行困難)

要介護

 

 

食事だけ気をつけてやせているだけでも不十分です。
体を動かして刺激を入れてあげることも必要なのです。


人間は体を全て使ってあげないと、「廃用」といって使わない器官や筋肉の機能が失われたり、萎縮させるという状態を生じさせるのです。

そして60代、70代になって体が思う様に動かせないという結果を招きやすくするのです。

 

TV,ゲーム、PC、スマフォなどの普及により、体を動かす機会もかなり減ってきています。
人間をはじめとする動物は、もともと長時間じっとしているということが苦手です。
苦手な理由には、血液循環をさせて、細胞へ酸素・栄養を運ぶ、体の機能を衰えさせないようにするなどさまざまありますが、「体を動かす」ということが基本の姿だと思います。

 

 

「体を動かす」というより「頭を使う」「座ったままの作業」という割合の方がどんどん増えている環境になってきているように感じます。


70代、80代になっても自立した生活を送れるよう、生活スタイルを見直してみませんか?

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

 

 

メロンパンに危険な成分、国が規制していた!

JUGEMテーマ:健康

 

焼きたてメロンパンの専門店があるほど、子どもから大人まで大人気のメロンパンロールケーキ
焼きたては、ふわふわで皮のサックリ感が何ともいえず、おいしいですよね〜


好きなパンランキングにも、常にトップ3に入っているそうです。

そんなメロンパンを作る時に使われる食品添加物に問題が発覚!

 

 

 

厚生労働省が平成25年7月に発表した内容によると、完全に禁止というわけではなく、低減化という取り組みで対応しています。

 

その食品添加物とは「ベーキングパウダー」または「膨張剤」です。
いわゆる「ふくらし粉」のことです。

 

ベーキングパウダーには、アルミニウムが使われています。
アルミニウムは空気、野菜、穀物にも微量に含まれており、普通に生活していれば体内に入るもので、通常は影響を受けるほどの量をとることはありません。


しかし、アルミニウムが体内に蓄積されると肝臓や腎臓障害を引き起こすといわれています。


2013年、厚生労働省もアルミニウムの毒性についてラットによる実験を行い、「腎臓や膀胱への影響や握力の低下がみられた」と発表しています。

ほかにも、認知症やパーキンソン病などの関連も疑われています。

 

厚生労働省がアルミニウムの規制に乗り出したのは、2011〜12年に子供を対象にした調査結果がきっかけです。
それによると、1〜6歳の小児のうち5%が、世界保健機関(WHO)などの専門機関が設定した「1週間に体重1キログラムあたりで2ミリグラム」という暫定許容量を上回っていたそうです。
アルミニウムの多量摂取による体への影響が認められてこと、小児は大人よりも影響を受けやすいという理由で規制対象にしたようです。
小児は大人に比べて体重が少ないため、大人と同じ量食べると、過剰摂取となり、摂取量の基準を超えやすいので注意が必要です。

 

厚生労働省 アルミニウムに関する情報

 

 

色止め剤、品質安定剤、着色料として「ミョウバン」または硫酸カリウムアルミニウムという名前でも使われています。
ナスの漬物、栗きんとんや栗の甘露煮、ゴボウのあく抜きなどに使われているので、表示に注意してくださいねDocomo107


その他にスポンジケーキやドーナツ、蒸しパンなどが規制に上がりました。
ほとんどのパンは、パン酵母を使って膨らませているのですが、メロンパンのクッキー生地やドーナツ、蒸しパンにはベーキングパウダーが使われていることが多いのです。

 

厚生労働省からアルミニウムの低減依頼が出されていても、対応しているところは少ないようですので、まだまだ個人レベルで注意が必要なようです。


個人店のパン屋さんだと、アルミフリーで作られているところもあります。

アルミフリーのベーキングパウダーも販売されていますから、ホームメイド派にはこちらがおススメです。
 

お子さんと一緒にお菓子作りをしてみるのはいかがですか?
安心・安全・楽しいの3拍子がそろっていますDocomo105

 

・ラムフォード

 ベーキングパウダー アルミニウムフリー 114g
 原材料:第一リン酸カルシウム42.0%、炭酸水素ナトリウム32.0%

 コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)26.0%
  原産国:アメリカ

 

 

・パイオニア企画
 ベーキングパウダーアルミ不使用 100g
 原材料:コーンスターチ44.5%(遺伝子組み換えでない)、第一リン酸カルシウム31.5%

 炭酸水素ナトリウム24.0%
   原産国:日本
  ※箱と缶で原材料が違うので、缶の方がおすすめです

 

 

 

 

他にも探すと色々ありますので、お気に入りを見つけてみてくださいね♪


その他にも、メロンパンはメロンに近づけるために、香料・着色料なども使われています。

香りなら何種類いれても「香料」と一括表示できるので、実際何が何種類使われているかもわかりません。

砂糖も大量に入っていますので、腎臓への影響だけでなく、糖尿病にもつながります。
どう考えても、栄養がある食べ物とは思えませんので、アルミフリーのメロンパンをたまのご褒美に楽しむぐらいがいいのではと思います。

 

また、砂糖のとりすぎで体内のカルシウムを溶かしてしまうため、骨粗鬆症をまねくという懸念もあります。

最近、私の周りにも骨粗鬆症の方が非常に多くなってきました。
お菓子、パンなど砂糖のとりすぎは危険です。
注意してくださいね
エクステンション

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ♪

 

 

 

パソコン姿勢と神経の関係〜後編〜

JUGEMテーマ:健康

 

前回に引き続き、正しいパソコン姿勢についてです。

 

パソコンは今や仕事、プライベートにおいて必須のアイテムです。
それだけ、PC作業の時間も長くなってきています。
パソコン使用時のちょっとしたことが引き金となり、肩こりや腰痛、目の疲れなど体の不調を招く要因になっているかもしれません。

 

パソコン使用環境を見直して、肩こり、腰痛などの体の不調を予防しましょう!

 

1.通し作業はNG! 1時間に1回はお休みを取ろう

 

作業に夢中になってしまったり、期日が迫っていたりなどで、ずーっと同じ姿勢で作業をしていたなんてことありませんか?

実は何よりもこれが一番体を疲れさせてしまうモトです。

作業に夢中になってしまうと、足を組んでいたり、頬杖をついていたりなど不自然な姿勢をしていることもしばしばあります。
呼吸も浅くなり、余計に筋肉に負担をかけています。肩こりや足のむくみの原因にもなります。

「1時間に1回は休憩をとる」ことを習慣にしましょう!

「こまめに休憩は取りにくい」と思われた方、あまり大げさに考えなくて大丈夫です。
例えば、飲み物を入れに行く、窓をあける、資料をとりにいくなど同じ体勢を長く続けないことがポイントなのです!
ちょっと立ったり肩や首を回したりなど体を動かすだけでいいので、ぜひトライしてみてください。

 

また「疲れを翌日にもちこさない」ことも大切です。
「すごく疲れたな」と思ったら、お風呂にはいってゆっくり体を温め、体のコリをほぐしましょう。
バスソルトなど入浴剤やお気に入りの香りのアロマオイルなどを使うのも効果的です。

 

2.イスや机の高さを調整する

 

基本的には「腰、肘、膝がそれぞれ90〜100度になる」体勢が理想です。

イスは前かがみや変にそりかえったりせず、背もたれでしかっり腰を支持するようにします。

イスの高さは、足の裏がしっかり床につき、その状態で膝の角度が90度に曲がるくらいがいいです。
イスが高すぎる時は、足の下に足置き台を置きます。
そして、意外と見落としがちなのが足元のスペースです。余計なものがあると足の位置が制限されるので、足を置くスペースをしっかりと確保してください。

 

机の高さは、楽な体制で肘を置いた時に肘が90度くらいになる高さ、つまり腕が床に平行になるくらいが目安です。

 

3.モニタの高さを調整する

 

体の正面にモニタ、キーボードがくるように置きます。
モニタは視線と同じ高さにしましょう。高さが足りなければ、モニタの下に台を置いて調整します。電話帳などの厚い雑誌でも大丈夫です。

 

 

 

 

視線が下へ向くような位置にモニタがあると、頭を前に突き出してしまい、頭を支えるために首や肩の筋肉が緊張します。
 

頭を前に突き出す前傾姿勢が定着すると、頚部のカーブが無くなり、常に首や肩の筋肉が緊張し、収縮したままになります。
すると、血液循環も悪くなり、肩こりなどの体の不調を起こす原因となります。

ノートパソコンは長時間のPC作業には向いていないのですが、ノートパソコンしかない場合は、ノートパソコンをやはり台の上にのせてモニタと視線をあわせます。キーボードは別に1台用意していただき、外付けにするといいです。

 

 

マウスの操作の時も、作業に夢中で気づかないうちない肩や腕に力が入っていることがあるので、注意してくださいね。


いかがでしたか?
思い当たることも多かったのではないでしょうか?
オフイスの環境だといろいろ使いにくいところもあるかも知れませんが、改善できるところあると思うので、
ぜひ参考にしてください。

 

正しい姿勢を手に入れて、体の不調とはお別れしましょうDocomo105

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッき

 

 

 

パソコン姿勢と神経の関係〜前編〜

JUGEMテーマ:健康

 

前回のスマホやPCのブルーライトの対策に続いて、端末を操作するときの姿勢についてです。

 

事務職やPCなどの端末を使ったお仕事をする方々の体の不調で多いのが、肩こりや頭痛です。
その方々の施術をさせていただくと、みなさん猫背で首が体の前に出ている姿勢になっている方がほとんどです。
その姿勢を作っている原因が、パソコン使用時の姿勢や環境です。

 

「パソコンにむかう自分の姿勢」を思い出しながら、次の項目をチェックしてみよう!!

 

1.気が付くと背中が丸まっている
2.いつの間にか顔をモニタに近づけている
3.キーボードをしっかり見ていないと打てない
4.モニタに対して体が斜めを向いている。または体を捻っている
5.キ-ボードとモニタの位置は体の正面にない
6.床に足の裏がしっかりと接地していない
7.机上は整理されておらず、作業スペースが狭い
8.キーボードを打つとき、腕の位置が不安定または、両肩が上がっている
9.イスと机の高さがあっていない
10.頬杖をついていたり、足を組んでいる

 

当てはまる数が多い程、姿勢から体に負担がかかっていることが分かります。

 

 

参考:「パソコン、スマホで筋肉が癒着する」木津直昭著

 

イスに座るだけで筋肉は疲労します。そこに画面を見て、キーをたたき、マウスを操作するという作業が
複数の筋肉が同時に働き、姿勢を保つために部分的に筋肉が緊張します。
この緊張した筋肉に緊張した状態が続くと、血流が低下し、酸素、栄養不足になり、肩こりや腰部の重だるさなどの症状につながります。

これが連日続くと、筋肉に疲労がたまり、痛みや体の不調へつながって行きます。

姿勢が悪いと、一部の筋肉だけが使われ、一部は弱り、片側だけの筋肉が短縮して硬くなったり、片側は伸びて筋力低下するし、筋肉のアンバランスが生じ、体の歪みや血管、神経の圧迫などが生じるのです。

 

体の歪みによって生じやすいこと

●猫背だと呼吸も浅くなり、リラックスしづらく交感神経が優位になる。

●背中の筋肉僧帽筋には顔を引っぱり上げる、表情筋をサポートするという役割もあるため、ここの血流が悪く、コリがあると表情筋がうまく動かず、顔もたるみやすい。

●顔の筋肉は、筋膜を介して頭、首、背中と繋がっているため、背骨が歪んでいると顔もたるみやすいし、シワも出来やすい。

●筋肉が左右不均衡になり、燃焼すると場所と、そうでない場所が分かれるし、血流もリンパの流れも悪くなり、太りやすいしむくみやすい。

●筋肉のアンバランスにより、骨盤、股関節や足に歪みが出る。状態によっては、痛み、しびれをだす。
●背骨の中には脊髄があり、背骨の穴から脊髄神経が出ている。この穴が狭くなり神経を圧迫し、このため脊髄神
経の働きが落ちる。脊髄神経には、知覚神経(熱さや痛みを感じる)、運動神経(体を思い通りに動かす)、自律神経(内臓の働きをコン トロールする)の3つがあるので、生理痛や便秘、胃腸の不調、頭痛、肌荒れなどいろいろな症状が起きやすい。

●頬杖は顔のゆがみや顎関節症を引き起こしやすくする

●マウス操作やキーボードを打つ時の姿勢によっては、腱鞘炎や腕や手にしびれ、痛みを出すことがある

 

 

姿勢が悪いと

 

背骨の中には脊髄神経が入っていて、これは脳からの神経伝達を各臓器に伝える大切な役割があり「運動神経」「知覚神経」「自律神経」の3つを司ります。
姿勢の悪さにより、背骨から出ている脊髄神経の束を圧迫し、この神経伝達に機能低下が出るため体の不調を招くのです。

 

姿勢のアンバランスによっておこった神経伝達の機能低下や筋肉の硬直などはなかなか自分でリセットかけることはむずかしいです。

カイロプラクティックの施術は、神経機能、生理機能、筋肉などへ解剖学的かつ西洋医学的に原因を見つけ、「手技」のみで調整を行っていきます。
その人の症状の「原因」となっている箇所を見つけ出す、分析する、そして的確に施術していくことが治療のカギとなります。

 

体の不調でお困りのかたは、ぜひカイロプラクティックを体験してみてくださいエクステンション

姿勢美人になって、体の不調とお別れしましょうき


次回は、肩こり知らずの正しいPC姿勢についてです。


今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

ブルーライトのダメージは目だけでなくお肌へも!?〜後編〜

JUGEMテーマ:健康

 

前回の続きです。
ブルーライトによる体への影響を少なくするために、3つの改善法をご紹介しますねDocomo107

 

1. PCのモニタやスマホの画面にブルーライトカットのシートを張る

目に負担をかけているといわれるブルーライトをカットするため、さまざまな対策グッズが売られています。
店頭でモニタをみると、色がとても鮮やかで、非常に美しいと感じますが、実際にはその強すぎる光の明るさが目に負担をかけます。
ブルーライトカットシートはブルーライトをカットするだけでなく、画面の反射やチラつきを抑えてくれる役割もあります。

 

    

その他にWindows7以上のスペックだと、色調設定によって青を弱めに設定できますので、パソコン作業が多い方は設定変更も良い方法だと思います。
「ブルーライト対策 PC設定」で検索してみていただいて、使っているPCの設定方法がいろいろでてきます。

Windows
 

スマホの場合、ブルーライト軽減のアプリもあります。

 

 

2. ブルーライトカットの眼鏡をかけて、PCなどの作業を行う

最近メガネメーカーから出ている、ブルーライトをカットするPCメガネも、画面のちらつきを抑えることができるので、パソコンによるデスクワークがメインの方にはおススメです。

 

 

3. 1〜2時間に1回は、目の体操を行う。

 

目クルクル体操
^貪挂椶鬟ュッと強くつむって、力強くパッと開きます
軽く目をつむったまま、目を右に回し、次に左に回す
L椶鬚△韻董頭は動かさず、黒目を右へ
て韻戸佑帽目だけ左へ
ゼ,肋紊
最後に下へ動かして,慳瓩蠅泙

この〜Δ瞭阿をゆっくりでいいので2〜3回行います。

 

ピント合わせ体操
ゞ瓩にある物を10秒〜20秒ジッと見つめる
∩襪粒阿覆鼻△覆襪戮遠くの物を2〜3分間(時間が取れなければ1分程)ぼんやりと見つめます
これを繰り返します

※ピントを合わせるものは、字や数字だとやりやすいです。


下記の運動は、夜寝る前などに行うと、目だけでなく心身ともにリラックスできます。
アロマオイルなど好きな香りをたくのも、とてもいいです。

 

まぶたパチパチ体操
まず、温かいタオルなどで目を温めて、血行を良くします
好きな音楽をかけて、気持ちをリラックスさせます
2山擇帽腓錣擦董¬椶鬟僖船僖舛罰けたり閉じたりします
げ山擇終わるまで続け、音楽が終わったら目を閉じてしばらく目を休ませます

 

おしぼりの適温は40度くらい。お風呂のお湯より若干ぬるいぐらいが目に良いです。
40度くらいのお湯に浸したおしぼりを固く絞り、目の上に数分間乗せてリラックスき
たったこれだけですが、目の疲れを解消するのに効果が高いです。
血行が良くなり、目に酸素と栄養を届けることができます。

最近では市販で目専用のホットパックなどもありますので、こちらも使いやすくおすすめです。


仕事で1日中パソコン作業を必要とされる方は同じものをずっと見続ける状況が続くことで、ピントを合わせる働きをする毛様体筋という筋肉が疲れてしまうので、これらを1日数回行なうようにしましょう。

 

 

 

元来、人間は長時間同じ動作や同じ姿勢でいられないのが生理的な反応です。45分〜90分が限界ですDocomo107
作業の合間や休憩中などにこれらの体操を行って目の疲れを和らげましょうDocomo102

 

 

お肌のケアですが、日焼け止めなどのサンスクリーンで防ぎきるのは、なかなか難しいことのようです。
まず、肌のバリア機能がしっかり働いていることが大事なので、洗顔でゴシゴシと肌をこすって洗うことは厳禁です。そして、しかっりと保湿をしてください。
丈夫な角質層、皮脂膜には近赤外線を反射したっり吸収する力があるそうです。

 

また、光によって活性酸素が発生しますので、活性酸素を除去する抗酸化作用(ポリフェノール、カロテノイド、ビタミンE)をもった食品を摂りましょう。

 

・ポリフェノール   赤ワイン、バナナ、ブルーベリーなど
・カロテノイド   トマト、ニンジン、ホウレン草、スイカなど
・ビタミンE    アーモンド、ヘーゼルナッツ、モロヘイヤ、うなぎなど

 

 

 

PCやスマホなど極力使わないことが一番良いですが、仕事の関係などで難しい方もいると思いますので、
紹介した対策方法を参考に、ブルーライトの影響を軽減して、上手にPCやスマホを使っていきましょうDocomo_hart4


今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

ブルーライトのダメージは目だけでなくお肌へも!?〜前編〜

JUGEMテーマ:健康

 

今や街中、電車の中とありとあらゆるところでスマホやゲームをされている方大勢見かけますが、PC,スマホやゲームなどは生活になくてはならない物の1つになっていることを感じます。

 

私たちはTV、スマホ、ゲーム機、PCなどの多くのモニタ囲まれた生活をしており、知らないうちに目を酷使しています。

 

・眼の奥が痛い
・モノが見にくい、目がかすむ
・夜、眠りが浅い、眠れない
・頭痛

 

といった、眼精疲労の症状や、ドライアイ、肩こり、腰痛などの体調不良で悩まれている方も急増しています。
こういった症状がでる原因にはいくつかの理由があるのですが、そのうちの一つに「ブルーライト」が挙げられます。

実際にはパソコンやスマホなどからはブルーライト以外の光も放射されているのですが、最近のパソコンやスマホなどはブルーライトを放射する物が多くなってきています。
画面が暗くては作業がしにくいということで、各メーカがこぞってディスプレイを明るくした結果だといわれています。

 

・ブルーライトとは
ブルーライトとは、可視光線(目で見ることができる光)の中でもっとも強い光のことです。
波長は380〜495ナノメートルですが、何のことかわかりずらいですよね。

波長とは空間を伝わる波(波動)の持つ周期的な長さのこというのですが、波長によって物質を通り抜けたり、物質に反射したり、物質を加熱させたりと、波長によって異なる特性を発揮します。
皆さんが良く知っているものでは、遠赤外線です。「遠赤外線は物質を温める」特質を持っています。

その他には、紫外線は肌の中を通り、シミなどをつくる原因の一つです。

 

 


 

ブルーライトの数値は紫外線を少し弱めた波長です。
可視光線の中でも最もエネルギーが高く、目の角膜や水晶体で吸収されず網膜まで到達します。
長時間見つめていると網膜が炎症を起こすことがあるという研究結果が出ています。


ブルーライトは、文字や写真のにじみとして現れるため、液晶を見て作業する人は、このにじみをはっきり見ようとピントを合わせるため目を酷使するので、目が疲れやすいのです。


そのため、ピントがずれきたり、網膜の変性などから、チラつきやまぶしさなどを感じるようになったりします。

また、ブルーライトのは太陽の光も含まれているため、夜に画面を見続けると脳が朝や昼間だと勘違いを起こして、体内時計が狂い、不眠症を引きおこ原因となります。
また自律神経のバランスをも崩しやすくなります。


少なくとも就寝1時間前からはモニタを見ないようにしましょうエクステンション

 

しかもブルーライトは、肌にも直接ダメージがあることがわかりました!
なんと紫外線よりも肌の奥深くに差し込むので、消えにくい色素沈着を引き起こすそうです。
照射たった1時間のブルーライトで、肌色が変色し、3週間後まで残る色素沈着をひきおこすそうです。

 

また、PCやスマホから「近赤外線」という光もでており、エネルギーは小さいのですが、肌の奥どころか筋肉にまで到達し、コラーゲンを破壊する酵素コラゲナーゼが2倍ほど増加するそうです。


まさか、ブルーライトが肌や筋肉にまで影響を与えているとは、思いもしませんでした!


近赤外線は紫外線よりエネルギーは小さいので即効性はないのですが、時間をかけてジワジワと影響を与える光線です。光による老化が知らないうちに、進んでいるということです。

 

 

私が愛用しているオーガニックコスメAmritaraのサイトからの資料です。

光によるダメージが分かりやすいのではと思います。

真皮までくるということは、深いシワができやすいということです。

恐ろしい〜Docomo_kao20

 

ブルーライトが紫外線よりも肌の中の方へ、ダメージを引き起こすなんて…

驚きですDosomo_kao9


近赤外線は、太陽光以外では、テレビ、PC、遠赤外線カメラ、こたつからも出ているそうです。
PCやスマホを使う時も、UVケアをする必要ありですね。

 

ますます、体の中と外側のケアの重要性が増してきます。


ブルーライト対策については、次回に書かせていただきますね。


今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ

 

養殖魚は魚なのか、肉なのか?

JUGEMテーマ:健康

 

最近の日本食ブームにより、「魚」が注目されています。

 

 

世界的に漁獲量が減ってきているため、養殖魚が増えれば資源の確保にもプラスされると多くの人が信じています。
世界の漁獲高のうち4割越を養殖魚が占めていますが、
「養殖魚」の育て方とは?

 

現在養殖では、魚の切り身や魚粉などにたくさんの添加物を混合したモイストペレットやドライペレットという加工した飼料が中心です。


モイストペレットには脱脂粉乳、鶏卵、小麦粉、米ぬか、大豆油粕、植物油などが配合されていたりしますが、ドライペレットには肉骨粉まではいっています。
天然魚は大豆やお米を食べたりしないです。
しかも日本の大豆は94%輸入で、ほとんどが遺伝子組み換えですから油粕も遺伝子組み換えと思われ、加工品なので他にも防カビ剤や酸化防止剤なども入っています。
一般社団法人 全国海水養魚協会 養殖魚のエサについて
一般社団法人 全国海水養魚協会 水産用医薬品について

 

一時期、産地偽装が問題になったことがあり、2004年から農林水産省が産地偽装を防ぐために行っている検査があります。
成分を分析するという方法なのですが、魚の場合、養殖魚か天然魚かを見分けるために脂肪酸の組成でチェックするのです。
独立行政法人 農林水産消費安全技術センター


その結果は、魚は本来オメガ3系のEPA・DHAが豊富に含まれていて、含有量の割合も多く占めるのですが、養殖魚はEPA・DHAの成分はわずかで、オメガ6系のリノール酸の含有量の割合が多かったのです
その理由についても述べいます。
大豆や米ぬか、トウモロコシなどリノール酸(オメガ6)を多く含むエサを食べているからだそうです

牛肉も同じ現象がおきています。
牛のエサは本来牧草だけなのですが、大豆やトウモロコシなどの配合飼料を与えて育てているところがほとんどです。牧草だけで育った牛はオメガ3系の脂肪酸を含んでいたのですが、配合飼料で育っている牛はオメガ6系の脂肪酸が多く含まれているのです。
肉の食べ過ぎは良くないという理由の一つが、オメガ6系の脂肪酸を多く含んでいることなのです。

 

「食べているもので体はできている」と言われていることの意味がよくわかる検査なのではないでしょうか?
何を食べたかで、体の構成が変り、そのことが健康に影響を与えるのです!

 

養殖魚の最大の問題は薬剤です。
以前は抗生物質や抗菌剤、ホルモン剤、消毒薬なんかがいけすに投与されていたのですが、いろいろ問題が起こり(養殖魚のエサが、赤潮の原因ともいわれています)、現在はワクチンで投与しているようです。
なんでそんなに薬剤が必要なのかと言うと、広い海の中のような自然な循環がないので、エサや糞などで水質が悪くなり、害虫が大発生したり、魚同士がぶつかって体に傷がつき、細菌に感染しやすいこと、
栄養過多のエサを食べていることに加えて運動不足でストレスが多くなるからです。
養殖のサーモンなどは、ペレットのエサが主流のため、身の色がくすんだ灰色になってしまいます。
そのために身をピンクに着色する添加物をエサに混ぜています。

 


出来るだけ薬剤不使用の取り組みをしているところもありますので、そういうところがもっと増えてほしいですし、情報も開示されようになるといいなと思います。


問題はもう一つあります。

養殖魚のエサにイワシなどの小魚が大量に必要になります。
世界の漁獲高の約5分の1が、養殖魚のエサとして浪費されているのです。

マグロなど天然魚の乱獲の為、絶滅の危機に直面している天然魚もあります。その天然魚の保存の為に「養殖する」という方法を考え出したにもかかわらず、天然魚を養殖魚のエサにする方法は、持続不可能な方法です。
現に、イワシなどの漁獲量は年々減っています。

食物連鎖の底辺いる魚が絶滅の危機ということは、必然的に食物連鎖の頂点にいる魚も絶滅の危機に直面しているのです。

 


世界の魚の消費量が増えている中、環境に配慮し、健康的な魚を養殖する方法を開発、普及させていくなどの見直しが迫れれています。
それは魚だけに限らず、食べ物へ対する根本的なことを変革する時期が急がれているのではないかと思います。

 


今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ

 

エントリー記事

SELECTED ENTRY

カテゴリー別

CATEGORY

投稿日別

CHRONOLOGY

関連リンク

FAVORITE SITE