年末年始に向けての飲みすぎ対策

JUGEMテーマ:健康

 

おはようございますニコ

 

今年もあと1ヶ月ちょっとですね〜

年をとるにつれて、1年がどんどん早く過ぎていくのを実感する毎日ですエクステンション

 

年末年始に向けてイベントが目白押しで

 

美味しい料理肉

美味しいお酒ビール

 

を食べたり飲んだりする機会がぐっと増えます矢印上

 

中には かけもち でイベント参加のかたもいるのでは?

 

そこで

 

アルコール対策

 

について書こうと思います

 

1.飲む前に少し食べておく

 

アルコールは消化の必要がないので、吸収がとても速いです。

 

その吸収を穏やかにするために事前に

 

柑橘類の果物

梅干し

チーズ

 

などを食べておくといいです

 

2.ビール、ハイボールなどの炭酸系のアルコールは避ける

 

炭酸は胃酸の分泌を押さえてしまいます。

消化が弱くなるので、連日飲まれる方は

 

ビールやハイボール、シャンパンは避けましょうDocomo107

 

ビールは乾杯に欠かせないので、

なかなか避けることは難しいと思いますが、

乾杯の時だけにしてすぐに他のアルコール類に変えましょう。

 

一番おすすめは

 

焼酎のお湯割り

熱燗

 

 

おなかを冷やすこともないので

消化吸収の負担を減らしてくれます。

 

3.合間に中休みをいれる

 

途中で、お水やソフトドリンクを飲みましょう。

 

二日酔いの原因のひとつに

 

脱水症状

 

があります。

 

アルコールは利尿作用があるので、飲酒の途中や、

飲み終わったあとに水分補給をしましょう。

 

おすすめは

 

はちみつレモン

 

クエン酸が体の回復を促してくれますよ〜

 

4.料理は和食がおすすめ

 

料理のチョイスが出来るなら

 

和食

 

がおすすめエクステンション

 

特に

 

お漬物

酢の物

 

がいいですねonpu03

 

鍋も種類が豊富ですから飽きないです。

 

お漬物発酵食ですし、

脱水により失った塩分を補給するのにもいいですよDocomo105

 

最近は中華も火鍋や薬膳鍋などのメニューも大人気ですDocomo105

 

 

以上のことに注意しながら、

楽しいイベントをお過ごしくださいねDoCoMoききランチ

 

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ♪

 

 

 

 

 

かぜかな?と思ったときの治し方とお助けアイテム

JUGEMテーマ:健康

 

おはようございますキラキラ


今回は、カゼの初期症状の時の対処の仕方についてご質問をいただいたので、
そのことについて書いてみようと思います。

 

 

カゼかな?

 

と思ったら、まずは

 

 

塩水でうがいをする


えっ!!塩水はてなマーク


気休めではないかとか、本当に効くのか疑問に
思っている方が多いと思いますが、


あなどってはいけませんよ!

 

塩水にはちゃんと効果があるんです!!


イソジンなどのヨード系うがい薬の方が殺菌力が強すぎて、

逆にのどの粘膜を傷めるのでお勧めしません。

 


塩水うがいはのどの痛みを軽減させる作用があります。
塩水には抗菌作用と脱水作用があるからです。

 

・塩水にはのどの粘膜についてしまったウイルスを洗い流す作用

・脱水作用では、のどの中の炎症を起こしている部分から水分を奪ってしまうことで、のどの痛みを和らげることができる作用

 

1時間おきぐらいに塩水でうがいをして、のどの痛みが消えた場合,


これでかぜは完治です。

 

60mlに塩ひとつまみの濃度、

ちょっとしょっぱいなと思うくらいの濃度で大丈夫です。


カゼ予防に、普段から塩水でうがいをするのも有効です。

 

 

塩水でうがいをしてものどの痛みが取れないときは、ウイルスがのどの粘膜を突破しています。

 

その時は、

 

プロポリスをのどにスプレー

 

 

おすすめはこちらのプロポリスです。

 

プロポリススプレー


プロポリスの抽出方法は一般的にはアルコールを使うのですが、

こちらの製品は超臨界圧抽出法という圧搾で行っているので、有効成分をしっかり抽出しています。
その他に、抗菌力の強いマヌカハニーやオーガニックや野生の精油がブレンドされています。

 

 

健康なのどの時はスプレーしてもただ甘いだけですが、
のどに炎症が起きているときにスプレーすると

痛い!!

驚くぐらい、痛いのです!!


痛みの程度によって、炎症度が分かります(笑)
痛いと、プロポリスが効いてるな〜!と思います。

 

次に


金時生姜+梅干し湯を飲む

 

金時生姜

 

古くから大変珍重されてきた日本独自の品種である「金時生姜」。

金時生姜は芽が赤く、一般の生姜にくらべてさわやかな香りと辛味が一段と強いのが特徴です。


有効な辛味成分の「ジンゲロール」は他の生姜に比べて4〜6倍も含まれています。

 

ジンゲロールは温めることでショウガオールに変化し、

血行を良くして体を深部から温めます。

 

金時生姜の体温を上昇させる作用では特許も認められています。

体が温まると免疫が活性され、ウイルスを撃退してくれます。

 

梅干しも体の活性酸素を取り除いてくれるので、一緒に飲むと効果的です。

もちろん、この金時生姜は無農薬、有機栽培です。

 

とにかく

 

辛味が強烈!!


これも辛味がすごいです!!
普通の生姜より辛味があるから効くのですが、とにかく辛い!!

 

小さじ半分くらいが1回の量です。

あまりにも辛いという人は、ハチミツを混ぜて飲んでください。


はっきりってカゼ薬より、効果は抜群です!

金時生姜は血流を良くすることと、プロスタグランジンという炎症物質の

生成を阻害するので生理痛にもいいです。

 

ひどい冷え性の方は、毎日飲んでいただいてもOKです。

これらの処置をしたあとは

 


早寝をする

 

かぜ気味の時は、やはり寝るに限ります!
体が疲れていますから、休息は絶対的に必要です。

 


風邪っぽいかな?と思った時に

塩水うがい、金時生姜湯、プロポリスに早寝で
のどが痛い、体がだるいくらいの症状で3日以内には治ってしまいます。

 

ちょっとひどくても
々△痛い

体がだるい

7擇ど/
ぐらいですね〜

 

これらのアイテムに出会って活用してから


8年くらいカゼで熱を出して寝込んだとか、インフルエンザにもかかっていません。

もちろん、インフルエンザの予防注射も受けていません。


カゼを引いた時の有効な方法を知っていると、何かと便利だと思います。
これからの年末の忙しい時なども、

 

心強いお助けアイテム

 

です。


ぜひ、試してみてくださいねビックリマーク


今日もお読みいただいて、ありがとうございます(≧▽≦)キラキラキラキラ

 

 

 

 

鼻呼吸を習慣化させると、小顔になれる!

JUGEMテーマ:健康

 

今回は口呼吸から鼻呼吸になるための方法を書こうと思います。

 

鼻呼吸の習慣ができると、筋肉のバランスが良くなり小顔効果など

健康だけでなく、美容にも効果がありますキラキラ

 


 

1.気づくこと

習慣を変えるのは少し時間がかかりますが、まずは

 

気づく

 

ことが大事です。

 

まずは非常に単純で、とにかく
「口を閉じて鼻で呼吸する」
ことを意識しましょう。

 

すると自分が口呼吸をしていることに気づきます。
気づいた時に直すことで、次第に習慣を変えていくことができます。


2.口に水を含む

少量の水を口に含み、その状態で日常の動作を行います。

口に含んだ水をこぼさないようにしようと意識が働き、

必然的に口を閉じて生活するようになります。

 

結果的に自然と鼻呼吸になっていきます。


3.腹式呼吸

1日5分でいいので、腹式呼吸を繰り返し実践しましょう。

腹式呼吸を行うことで、鼻から呼吸を行うよういなります。


この動作を体に刷り込んでいくことで、

日常生活の中でも自然に鼻呼吸ができるようになります。

腹式呼吸の方法は、以下の手順です。

 

’惷擇鮨ばし、お腹の中にある空気をすべて口から吐き出します。

 

⊆,防,ら空気をできるだけ多く吸い込み、お腹を膨らませ、

その状態で5〜10秒程静止します。

 

最後に口からゆっくり息を吐き出します。


4.口周りの筋肉のエクササイズ
口周りの筋肉が衰えている人が多いです。

 

その理由の一つに、


食事の時にほとんど噛まない

 

ことも挙げられます。

口呼吸をしている人は、舌の位置が通常よりも下がっていることや、

舌を吊り下げている頬の筋肉も下向きになっているため、

顔全体の筋肉が下に垂れていて口を閉じずらくなっています。

 

顔全体の筋肉が下がっていることで、老けて見えたり、

目の大きさが左右で違ってしまうのです。


あいうべ体操

「あー、いー、うー」と口を大きく動かしながら声を出します。

最後に「べー」と声を出しながら舌を思い切り出します。

この運動を1日に数回程度行うことで舌と頬の筋肉を同時に鍛え、

口を閉じやすくなります。


5.よく噛んで食べる
体のしくみからみると、正しい食べ方は

 

一口30回、左右均等で噛む事

 

です。

 

昔から言われている食事の仕方です。

 

一口食べるために30回も噛むなんて無理、
ゆっくり食事の時間をかけていられない、

 

という人も多いと思います。

 

ドカ食い、早食いは、片かみグセを助長させるだけなく
咀嚼筋を衰えさせ、免疫力を低下させます。

 

あまり噛まないと、食べ物を細かく噛みくだまずに胃腸へ送ってしまうので、
消化にも負担をかけ、栄養吸収も悪くなります。

 

特に子供はテレビをみながら食事をすると、テレビに集中してしまい、
片かみや口呼吸を助長してしまいます。

 

 

噛むことで、脳の活性化を促し、子供の成長も促します。

食事中はテレビを見させず、食事に集中させて上げてください。


いかがでしたか?

 

口呼吸のデメリットがいかに多いか

 

ということがお分かり頂けたと思います。


ぜひ、これを機会に鼻呼吸を習慣化させて
体への効果を実感してください!!

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございます(≧▽≦)キラキラ

 

 

 

鼻呼吸を習慣化させると、小顔になる〜ストレッチ編〜

JUGEMテーマ:健康

 

今回は口呼吸から鼻呼吸になるための方法を書こうと思います。

 

鼻呼吸の習慣ができると、筋肉のバランスが良くなり小顔効果など

健康だけでなく、美容にも効果がありますキラキラ

 


 

1.気づくこと

習慣を変えるのは少し時間がかかりますが、まずは

 

気づく

 

ことが大事です。

 

まずは非常に単純で、とにかく
「口を閉じて鼻で呼吸する」
ことを意識しましょう。

 

すると自分が口呼吸をしていることに気づきます。
気づいた時に直すことで、次第に習慣を変えていくことができます。


2.口に水を含む

少量の水を口に含み、その状態で日常の動作を行います。

口に含んだ水をこぼさないようにしようと意識が働き、

必然的に口を閉じて生活するようになります。

 

結果的に自然と鼻呼吸になっていきます。


3.腹式呼吸

1日5分でいいので、腹式呼吸を繰り返し実践しましょう。

腹式呼吸を行うことで、鼻から呼吸を行うよういなります。


この動作を体に刷り込んでいくことで、

日常生活の中でも自然に鼻呼吸ができるようになります。

腹式呼吸の方法は、以下の手順です。

 

’惷擇鮨ばし、お腹の中にある空気をすべて口から吐き出します。

 

⊆,防,ら空気をできるだけ多く吸い込み、お腹を膨らませ、

その状態で5〜10秒程静止します。

 

最後に口からゆっくり息を吐き出します。


4.口周りの筋肉のエクササイズ
口周りの筋肉が衰えている人が多いです。

 

その理由の一つに、


食事の時にほとんど噛まない

 

ことも挙げられます。

口呼吸をしている人は、舌の位置が通常よりも下がっていることや、

舌を吊り下げている頬の筋肉も下向きになっているため、

顔全体の筋肉が下に垂れていて口を閉じずらくなっています。

 

顔全体の筋肉が下がっていることで、老けて見えたり、

目の大きさが左右で違ってしまうのです。


あいうべ体操

「あー、いー、うー」と口を大きく動かしながら声を出します。

最後に「べー」と声を出しながら舌を思い切り出します。

この運動を1日に数回程度行うことで舌と頬の筋肉を同時に鍛え、

口を閉じやすくなります。


5.よく噛んで食べる
体のしくみからみると、正しい食べ方は

 

一口30回、左右均等で噛む事

 

です。

 

昔から言われている食事の仕方です。

 

一口食べるために30回も噛むなんて無理、
ゆっくり食事の時間をかけていられない、

 

という人も多いと思います。

 

ドカ食い、早食いは、片かみグセを助長させるだけなく
咀嚼筋を衰えさせ、免疫力を低下させます。

 

あまり噛まないと、食べ物を細かく噛みくだまずに胃腸へ送ってしまうので、
消化にも負担をかけ、栄養吸収も悪くなります。

 

特に子供はテレビをみながら食事をすると、テレビに集中してしまい、
片かみや口呼吸を助長してしまいます。

 

 

噛むことで、脳の活性化を促し、子供の成長も促します。

食事中はテレビを見させず、食事に集中させて上げてください。


いかがでしたか?

 

口呼吸のデメリットがいかに多いか

 

ということがお分かり頂けたと思います。


ぜひ、これを機会に鼻呼吸を習慣化させて
体への効果を実感してください!!

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございます(≧▽≦)キラキラ

 

 

 

呼吸で風邪予防ができる?!

おひさしぶりです!

更新がかなり空いてしまい、すみませんDosomo_kao9

 

寒さが急に押し寄せてきて、冬の到来を感じます。

寒くなってくると気をつけないといけないのが、カゼやインフルエンザです。

 

カゼを予防するのにいくつか方法がありますが、まず大事なのが呼吸です。

気づいたら口がポカンと開いた人、口元がだらしない人が多くなったなということを感じます。

 


こういった人たちは「口呼吸」をしている人達です。

口呼吸をしている人は、腰痛や肩こりなど体に何かしら不調をかかえてます。

 

 

鼻呼吸するということは、

口の周りの筋肉も鍛え
頬がたるんだりというのを防いだり
歯並びを悪くすることも防ぎます。

 

 

それだけでなく免疫機能にも深く関わってきます。


呼吸は健康ととても密接な関係にあるのです!

 

まずは「口呼吸」という言葉の意味を確認しておきましょう。

鼻から空気を吸い、鼻から吐く
これが鼻呼吸です。

 

 

一方、口を使って息を吸ったり吐いたりするのが口呼吸です。


 「鼻呼吸も口呼吸も同じように肺に酸素が入るのだから、何の問題もないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、
これは大きな間違えです。人間の体は構造的に見て、鼻は空気を取りこむ器官、口は食べ物を取りこむ器官として、役割分担がなされています。

 

 

鼻呼吸の役割について

1.空気の濾過、加湿、浄化作用
鼻は臭いをかぎ取るという単なる空気の通り道ではなく、空気を濾過・加湿・浄化を行い、
肺や気管を乾燥から守ったり、ウイルス感染を抑えたりする機能があります。

 

鼻にある「鼻腺毛」により体内に菌が侵入するのを防ぎます。
鼻呼吸をしないとこの「鼻腺毛」を使うことができないので、細菌やウイルスから体をまもる防御機能をひとつ減らしてしまうことにもなります。

 

また、肺や気管は乾燥に弱いので、乾いた空気にさらされると、すぐに炎症を起こしてしまいます。
それだけで、カゼやぜんそく、肺炎を引き起こしやすくなるので、加湿が必要なのです。

この加湿や温度調整の機能があることで、極寒の地でも肺や気管がしもやけや凍傷にならずにすむのです。

 

 

鼻呼吸は季節や外気温に関係なく空気の温度・湿度を最適な状態に調節してくれているのです。


 一方、口にはこのような防御機能は備わっていません。
常在菌が混じった空気は、ダイレクトにのどの奥にある扁桃腺を直撃してダメージを与えるだけでなく、
体温を下げてしまうため免疫機能も低下してしまうのです。


その結果、風邪をひきやすくなります。長く口呼吸をして鼻を使わないと、鼻の機能は低下して、
鼻の血行不良でうっ血し、鼻づまりになります。鼻炎にもなりやすくなります。


カゼをひいいているわけでもないのに、鼻が詰まるという人は、口呼吸になっており、鼻の鼻腔を使っていないため
うっ血していることが考えられます。

 


2.口臭・虫歯予防
口呼吸になると口が年中開いているので、口の中が乾き唾液の分泌量が減り、細菌やウイルスが増殖しやすくなります。
唾液にはリゾチームという殺菌成分を含んでいるので、唾液の分泌量が減ると細菌やウイルスの増殖を許してしまうことになるのです。

 

そのことが虫歯や口臭の原因にもなるのです。

 


3.脳疲労の改善
口呼吸は脳へも影響を与えます。

 

口呼吸では一回の酸素供給量が鼻呼吸よりも断然に少なくなるので、体も脳も酸素不足になり、体力の低下、集中力の低下、体や脳の機能を維持するエネルギーも作れないため、機能低下による体の不調が起きます。

 

神経も酸素不足で敏感になるので、ちょっとした刺激でも痛みを感じるようになります。

 

 

4.代謝の活発化
細胞の代謝を活発化させるには、酸素と栄養が必須です。
その酸素と栄養により、代謝を行うためのエネルギーを作り出すのです。

 

口呼吸によるエネルギー産生量を「2」とすると、鼻呼吸は「36」作ることができます。
明らかに作り出せるエネルギー量が違うことがお分かり頂けると思います。

 

鼻呼吸へと変えていくことにより、全身の隅々まで酸素が供給でき、代謝機能を活発化させることができるのです。


代謝機能が活発化することによる効果としては、まず痩せやすく太りにくくなるという効果があり、多くの脂肪が短時間で消費されるようになります。

 

もう一つの代謝の活発化による効果はデトックスです。

代謝か活発化することは老廃物が体外に排出されるのを促進するということでもあり、むくみなども生じにくくなります。

 

 

 

次は鼻呼吸と顎関節症・いびきの関係についてです。

 

顎関節症やいびきとも呼吸が深く関わっています。
少し長くなりそうなので、次回に詳しく書こうと思っています。


原因不明の体調不良・体の痛みも鼻呼吸に変えるだけで、劇的に変わる方が多いです=3


これを機会に、自分の呼吸が口呼吸なのか、鼻呼吸なのかぜひチェックしてみてくださいねDocomo107

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ♪

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

骨粗鬆症ってなに?〜カルシウムパラドックス〜

JUGEMテーマ:健康

 

骨粗鬆症とも関係が深い「カルシウム」についてです。

 

カルシウムは「生命の炎」ともいわれ、骨を強くするだけなく、心臓や脳の働きを保つうえでも必要なものです。

 

生命の瞬間「受胎」のときに、最初に必要とするものが、「カルシウム」です。
受精や受精後の細胞分裂を導いています。
カルシウムが不足していると受精も起こりにくくなります。
また、妊娠しても妊娠合併症を起こしたり、骨盤の維持や陣痛にも問題が起きかねません。

 

 

 

 

カルシウムは人間の骨や歯を作ったりしますが、
人間を「動かし」「考えさせている」こともしていることが明らかになってきました。

人間の体内カルシウムの99%は「骨と歯」にあります。
残り1%は、血液中にイオンを帯びたカルシウムイオンとして存在しています。
残り1%のうち1万分の1が「細胞の中」に存在するのです。

この細胞内のごく微量のカルシウムが細胞の働き、寿命、神経伝達、ホルモンなど生理作用にも影響を与え、生命維持の大きなカギを握っているのです。


【カルシウムイオンの働き】
・骨や歯を作り丈夫にする
・皮膚、粘膜を強くする
・心臓や筋肉の収縮弛緩を制御して正常に機能させる
・血液や体液の状態を一定に保つ
・脳や神経の情報伝達を一定に保つ
・精神を安定させる
・ホルモン分泌を調整する
・免疫作用において重要な役割をする
・様々な酵素の働きを助ける
・血中の糖分量の増減を感知し、膵臓に伝達してインスリン分泌の調整を行う

 

等々。


特に血液中のカルシウム濃度は人間の生命線で、これを一定の値に保つために、骨から必要量のカルシウムを必要な分だけ取り出しています。

「カルシウムの摂り方が足りないと、骨が弱くなる」これは誰もが知っている正しい常識です。
「カルシウムの摂り方が足りないと、血管や心臓には逆にカルシウムが増えていく」というのが
カルシウムパラドックスです。

 

一見矛盾しているように、思いませんか?

 

パラドックスとは「逆説」という意味ですが、「一見不合理であったり矛盾していたりしながら、よく考えると一種の心理であるという事柄」という意味もあるそうです。

 

【カルシウムパラドックスとは】
カルシウムの摂り方が足りないと、血液中のカルシウムが少なくなります。この情報は副甲状腺という内分泌腺に伝えられ、副甲状腺ホルモンが分泌されます。

副甲状腺の働きは、骨に働きかけてカルシウムを取り出し、血液中のカルシウム濃度を一定に維持することです。

 

しかし、いつもカルシウム不足なっていると、過剰にカルシウムが骨から溶け出し、血液中のカルシウム濃度が高くなります。
過剰に骨からカルシウムが溶け出すと、骨粗鬆症へと進み、
血液中に溶け出し余ったカルシウムは、行き場を失って、ふつうカルシウムがあってはならない血管や脳、軟骨、筋肉などいろいろな細胞の中へと入り込んでしまうのです。

その結果、細胞は硬くなり、結石ができやすくなります。

 

・脳神経とカルシウム
脳の細胞の中でカルシウムが増えると、脳細胞の働きが落ちアルツハイマー病が起こります。
神経細胞の働きは情報を伝えることですが、カルシウムが細胞の中で増えてしまうと一時的に細胞の外と中の差が無くなり、情報を伝えることができなくなります。

 

・筋肉とカルシウム
筋肉にカルシウムが入り過ぎると弱り、軟骨にカルシウムが入り過ぎると変形性関節症や変形性脊椎症という病気になります。

 

・動脈硬化、高血圧とカルシウム
血液中に骨から溶かし出されたカルシウムが増えると、血管壁の細胞にとどまり血管を硬くし、高血圧や動脈硬化にもなります。

 

・糖尿病とカルシウム
血液中の糖分量の増減をカルシウムが感知し、膵臓にインスリンの分泌を調整するように伝達も行います。
この伝達機能が低下すると、非依存型糖尿病(2型糖尿病)になります。これが生活習慣病と呼ばれる糖尿病です。

 

・結石とカルシウム
骨からカルシウムが溶け出すことで、結石を作ることが分かってきました。
腎臓結石、胆嚢結石、尿管結石などの原因になるのです。


このようにカルシウム不足は骨が弱くなるだけでなく、脳、心臓、関節軟骨、免疫系、血管などへの影響は大きいのです。

 

近年、生活習慣病といわれる病気の原因のほとんどがカルシウム不足によるカルシウムパラドックスだということが分かってきました。

パンなどの欧米食が中心となってきた今の日本の食事では、カルシウムを始めとするミネラル不足になりがちです。

 

カルシウムだけを摂っていれば、いいわけではなく、カルシウムを吸収するには、マグネシウムが必要なのです。

 

カルシウム:マグネシウム=2:1

の割合で、効率よく吸収できるのです。
 

 

カルシウムをはじめとするマグネシウム、亜鉛、鉄などミネラルは体になくてはならない栄養素です。

日々の食事などから意識的にしっかりとミネラル全般を摂取していく必要があるのですエクステンション

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ♪

 

 

 

骨粗鬆症ってなに?〜骨粗鬆症の原因〜

JUGEMテーマ:健康

 

骨粗鬆症シリーズの続編です。

今回は「原因」についてまとめてみました。
原因は大きく2つのタイプに分けられます。


原発性骨粗鬆症
原因となる病気などがなく、加齢や閉経にともなって引き起こされる骨粗鬆症です。
生理的な体の変化に加え、栄養不良、運動不足、日光浴不足、喫煙、過度のアルコールなど生活習慣も骨粗鬆症の発症に大きく関係していることが分かっています。

 

原因1 加齢
骨量は若い頃は年齢が増すにつれて増加し18〜45歳ぐらいで最も多くなります。その後歳をとるにつれて減っていきます。
骨量は一生を通じてほぼ女性の方が男性よりも低くなります。
年齢と共に腸からのカルシウムの吸収が悪くなってしまうのも骨密度の低下の原因の1つです。

 


原因2 女性ホルモン、男性ンホルモンの不足
女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。
閉経後、エストロゲンが減ってしまうと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつけずに骨が脆くなってしまうのです。
60歳代では2人に1人、70歳代以上になると10人に7人といった割合で、発症率は女性が多いです。(骨のしくみや役割参照)
子宮や卵巣と手術などで摘出している方も、女性ホルモンの減少でなりやすいので、注意が必要です。

近年は、男性にも骨粗鬆症を発症する方が増えています。
男性ホルモンの低下や糖尿病、高血圧、慢性腎臓病などの生活習慣病との合併によって骨の質を劣化させ骨粗鬆症を発症・進行させています。

 

原因3 ダイエットや生活習慣
ダイエットによる栄養不足は、骨粗鬆症の原因の1つとなり、ダイエットの回数が増えると、その分骨粗鬆症になりやすくなります。
特に成長期による無理なダイエットは将来の骨密度に悪影響を与えます。

 

骨の形成に必要な、栄養素は

◆カルシウム・マグネシウム

カルシウムとマグネシウムはセットで吸収されます。どちらかが欠けていても吸収されません
・カルシウム イワシ、桜えび、しらす干し、小松菜 など
・マグネシウム 昆布などの海藻類、ゴマ、ナッツ類 など


◆ビタミンD

ビタミンDもカルシウム吸収を助けると共に、カルシウムが骨にくっつくように助ける働きも行っています
・サケ、イワシ、干し椎茸、卵黄 など


◆ビタミンK ビタミンKは骨の吸収を抑える働きと、反対に骨を作ることを促す働きがあります
・納豆、モロヘイヤ、チーズ など

 

 

 

 

その他に、鉄やリンが吸収を助けてくれます。
これらが不足すると、骨がうまく形成されず、骨粗鬆症になりやすくなります。
ダイエットや洋食では、ビタミン、ミネラルが不足しがちになるので、注意が必要です。
また、ビタミンDは食品からもとれますが、太陽の光によっても作られます。太陽の光を浴びる方が効率も良いです。
散歩など、日光浴(1日20分から1時間)をすることも骨訴訟症予防になります。

運動不足、喫煙、過度のアルコールやカフェインの摂り過ぎ、糖分過多などの偏った食事、ストレスなどによる
生活習慣も骨粗鬆症を引き起こす原因となります。


続発性骨粗鬆症
特定の病気や、服用している薬が原因となって骨強度が低下する骨粗鬆症です。

 

原因となる主な病気
・副甲状腺機能亢進
・内分泌疾患
・関節リウマチ
・動脈硬化
・慢性腎臓病
・慢性閉塞性肺疾患
・糖尿病
などです。

 

骨に影響を与えるホルモンの不足、骨を形成す細胞の変性、骨質を劣化させる物質が増え骨がもろくなったりします。
薬の副作用において代表的なものに、ステロイド薬の長期服用があります。

 

◆糖尿病
糖尿病においては、骨密度が低下してないにも関わらず、大腿骨近位部骨折のリスクが1.4〜2倍に高まるという報告があります。
高血糖状態が体内の酸化ストレスを増加させ、骨の中に存在する骨コラーゲンのうち、悪玉架橋を増加させることで、骨質を劣化
させ、骨折のリスクが高まると考えられています。
(骨のしくみや役割参照)

 

◆慢性腎臓病
腎臓の機能低下が続く病気で、腎臓は老廃物を体外に排泄するだけでなく、体内のミネラルを調節して骨を丈夫にする働きがあります。
ビタミンDの活性化が弱まり血液中のカルシウム量が減り、それを補おうと骨からカルシウムが溶け出して骨がもろくなります。

 

◆ステロイド性骨粗鬆症
薬の副作用による代表的なものが、ステロイド性骨訴訟症です。
ステロイドの投薬開始後、3ヶ月以内で骨への影響が現れ、長期間使用している方の50%で骨粗鬆症を発症しているという報告もあります。
ステロイド薬を長期間使用する病気には、慢性閉塞性肺疾患、関節リウマチ、気管支喘息、膠原病など自己免疫疾患などが挙げられます。


この他の原因として「カルシウムラパドックス」というものがあります。
「カルシウムの摂り方が足りないと、骨が弱くなる」というのが常識ですが、「カルシウムの摂り方が足りないと、血管や脳には逆にカルシウムが増えてくる」というのがカルシウムパラドックスです。

 

このカルシウムパラドックスは生活習慣病やいろいろな体の不調の原因にもなっています。
カルシウムパラドックスが色々な病気や体調不良の原因の1つに必ずといっていいほど関与しているので、知っておいてほしい大切な情報の1つです。

とても大事なところなので、次回「カルシウム」についてまとめたいと思います。

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

骨粗鬆症ってなに?〜骨粗鬆症とは〜

JUGEMテーマ:健康

 

今や骨粗鬆症の患者数は1100万人を超えており、8割は女性といわれています。
近年では男性の骨粗鬆症のかたも増えてきており、220万人以上と推定されています。

 

前回は「」についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
骨は無機質でカルシウムの固まりのようなイメージがありますが、「骨は生きている」ことを理解して頂ければOKです。

 

今回は「骨粗鬆症」です。

 

骨粗鬆症とは?
骨密度が低下し、骨折しやすくなる骨の状態をいいます。
スが入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなってしまい、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。
骨粗鬆症による骨折から、要介護の状態になり、生活の質が著しく低下してしまいます。

 

 


 

しかし、骨密度だけでは説明できない骨折のしやすい方が増えてきて、「骨質」に違いがあることも分かってきました。

 

「骨強度が低下し、骨折しやすくなる骨の病気」

 

という定義に変わりました。


骨強度 =骨密度(骨量)7 : 骨質 3

 

「骨強度に」には骨密度が70%、骨質が30%関係しているといわれています。

つまり骨粗鬆症は、骨密度の低下と骨質の劣化の両方が影響しあって骨折リスクが高まる病気といえます。

骨密度は、骨を壊す作業(骨吸収)と骨を作る作業(骨形成)とのバランスとの説明をしました(骨のしくみと役割)。
 

骨質とは?

骨はカルシウムとコラーゲンで形成されていますが、骨質はコラーゲンが関係します。

コラーゲンは鉄筋に当たるといいましたが、「鉄筋が規則正しく、しっかりと組み立てられているかどうか」が問題なのです。
コラーゲン分子の結合を、「コラーゲン架橋(かきょう)」といいます。

架橋というのは、結びつきのことです。


善玉架橋 コラーゲン架橋が規則正しく、しっかりしているものをいう
悪玉架橋 コラーゲン架橋がバラバラになっているものをいう

 

 

 

 

善玉架橋ではコラーゲンの束が規則正しくならび、骨は頑丈になるだけでなく柔軟性も高まり、骨折しにくくなります。
 

反対に悪玉架橋では、骨がただ硬くなり、かえって柔軟性が低下し、外力が加わると折れやすい状態になります。

骨に含まれるコラーゲンは、加齢によって劣化します。
すると悪玉架橋の状態になりやすく、鉄筋がきちんと入っていないと建物が弱くなるように、骨ももろくなってしまいます。

しかし、骨のコラーゲンが劣化する速度や程度には、かなり個人差があります。なぜ差が生じるのか…

 

 

その要因として最近の研究から、ホモシステインというアミノ酸と、ビタミンB6などが重要な働きをしていることがわかってきました。

 

 

ホモシステインとは、アミノ酸が体内で代謝されるときに発生する物質で、酸化されて有害な活性酸素を発生させ、血管を硬くし、血管壁を傷つけます。
このホモシステインが悪玉化可溶を促進する要因でもあるのです。

 

骨質を高めるには、ホモシステインを減らし、骨コラーゲンの悪玉架橋を作らないことです。
ビタミンB6、B12、葉酸には悪玉架橋を作らない効果があります。

 

 

ビタミン   B6 レバー、マグロ(赤身)、ニンニク、ゴマ など
ビタミン   B12 サンマ、レバー、しじみなどの貝類
葉酸      のり、緑茶、枝豆、モロヘイヤ など

※ビタミンB類は一緒に摂ると、相乗効果が期待できます。


 

骨粗鬆症は、原因によって大きく2つのタイプに分けられます。

 

1.原発性骨粗鬆症

2.続発性骨粗鬆症

 


骨粗鬆症の多くのタイプは、「原発性骨粗鬆」のよるものです。
これは、無理なダイエットをされた方や加齢によるものなど、生活に密着していること多いので、
次回は「骨粗鬆症の原因」についてしっかりまとめてみようと思います。

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッ♪

 

 

 

 

骨粗鬆症ってなに?〜骨のしくみと役割〜

JUGEMテーマ:健康

 

高齢者の歩行困難の主な原因の一つに「骨粗鬆症」があります。
骨粗鬆症という名前は聞いたことはあるけれど、それって私に関係あるの?と思う方も多いと思います。
骨粗鬆症を防ぐには、実は若い頃からの食事や生活がとても大事になります。


まずは、骨のしくみと役割について紹介しますね♪

 

1.骨は生きている
「骨」というと博物館に展示されている恐竜の骨格や理科室の骨格模型などを想像されるかと思いますが…

 

骨は生きている

 

生きているから、骨折した骨が新しい骨を作って、元に戻るのです。
実際に、骨の内部には細い血管が張り巡らされており、骨の細胞が活発に働いています。
人間の体内カルシウムは99%は「骨と歯」、残り1%は血液中にイオンを帯びたかたちで存在しています。

 

 

 

2.骨の成分
骨はカルシウムだけではありません。
たんぱく質の一種であるコラーゲンとカルシウム(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、リン酸マグネシウム)が主で、骨の固さを作っています。
コラーゲンを骨の芯にして、カルシウムをくっつけて新しい骨を作ります。

 


 

 

3.骨は毎日生まれ変わっている
骨は、新陳代謝を繰り返し、絶えず新しい骨と入れ替わっています。
これを「骨代謝」といいます。

 

人の全身の骨が生まれ変わる周期は、成人で1000日(約3年〜5年)といわれています。

骨が生まれ変わるのには理由があります。
 

1.人間の生命を維持していくのに欠かせないカルシウムを体の各組織に

   送り出す
2.古くなった骨を若返らせる。しなやかで強い骨を作り、維持している。
 壊される骨と、新しく作られる骨は生まれ変わる前と同じ量

(1000gr)が維持され、強度が保たれています。

 

破骨細胞
破骨細胞は骨を壊す細胞です。これを「骨吸収」といいます。古い骨のカルシウムやコラーゲンを酸や酵素で溶かし、溶けたカルシウムは再び血管を通り、体内へ運ばれて行きます。

 

骨芽細胞
骨芽細胞は骨を作る細胞です。これを「骨形成」といいます。
コラーゲンを作り出し、そこにカルシウムを付着させり「のり」となるたんぱく質を塗っていき、そこに血液から運ばれてきたカルシウムが自然に付着して、新しい骨ができます。

 

 

 

 

 

4.骨の役割
・体を支える。重力や気圧に押しつぶされず、生活できる
・カルシウムの貯蔵庫としての役割。血液のカルシウム濃度は一定に保た

   れる必要があり、不足すると骨から溶か し出され、各組織へ運ばれて

   いきます。逆に、余った時には骨に蓄えられています。

 

 

年代別骨の仕組み
成長期 骨がさかんに作られ、同時に壊されているが、骨を作る力の方が強

          い。そのため、体は大きくなって行く。

成熟期 30代以降は、体が完全に出来上がり、骨量も最大となります。

    骨を作る力と骨を壊す力のバランスが取れている時期である。

高齢期 40代以降は、骨量がゆるやかに減少していきます。
    骨を壊す力の方が強い時期になります。

 


骨は、絶えず古い骨が壊され、新しい骨を作る、この2つのシステムにより、毎日少しづつ骨を作り変えているのです。このシステムのバランスが崩れた時に、骨粗鬆症など体の不調がおこります。
このバランスを保つことが重要なのですエクステンション

 

次回は骨粗鬆用についてわかりやすくまとめますねニコ

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

「メタボ」と「ロコモ」の関係は?

JUGEMテーマ:健康

 

患者さんに高齢者の骨折、骨粗鬆症や変形性関節症の方が多くなってきており、日本が着実に高齢化社会へっ向かっていることを実感します。
それに伴って「健康」についてフォーカスされていますが、よくわからないキーワードも増えてきました。
カタカナ用語でわかりずらい物が多いですよね〜笑

 

そこで今回は「メタボ」と「ロコモ」についてです。

 

メタボとは?
生活習慣予備軍の指標として急速に広まった「メタボ」。
太っている人の代名詞のように使われています。

 

生活習慣を変えようという意識が芽生えたという意味では、大きな一歩だと思います。

 

メタボとは「メタボリックシンドローム」といい、直訳すると「代謝症候群」です。
「代謝症候群」って、なに? という感じですよね〜

 

「内蔵脂肪型肥満」に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状が重なった状態のことをいいます。
分かりやすくいうと、「内臓脂肪をお腹にたくさん蓄えている人」ということです。

 

 


糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病になるリスクは色々な要因が関係しているのですが、日本では内臓脂肪の蓄積による肥満がベースとなって高血圧や糖尿病、動脈硬化など生活習慣病が発症することが多いということから、健康のバロメーターとして使われるようになりました。

 

お腹周りが男性85傳躇幣紂⊇性90儖幣紊肇汽ぅ困世韻之茲瓩討い襪里癲⊂しおおざっぱすぎる気もしますが…
見た目で判断というのも、分かりやすいのかもしれませんねDocomo_kao8


ロコモとは?
ロコモティブシンドローム」といい、「ロコモディブ」とは「機関車、移動」という意味があります。
医学的には、関節、骨、筋肉などの運動器を意味し、「運動器症候群」と呼んでいます。

 

運動器というのは、筋肉、神経、関節、骨など体を動かすための組織をさし、これらが衰えて動けなくなる、いわゆる歩行困難です。
歩けない、動けないというこのは人間にとって致命傷です。動けなくなることで内臓も衰え、命の危険にさらされます。

 

 

社団法人日本整形外科学会制作「ロコモパンフレット2010年度版」より

 

 

高齢者の方の歩行困難者増えるにつれ、介護問題が大きくなっており、メタボよりもこちらの方が深刻かもしれません。


そして、最近フォーカスされてきたのが、「サルコペニア」。
「加齢性筋委縮症」ともいわれ、筋肉量が減る、または筋肉が衰えることを特徴とする症候群のことです。
ギリシャ語で「肉」を表すサルコと「喪失」を表すぺニアを組み合わせた言葉です。

 

加齢、病気、座りがちな生活などによって、筋肉量、筋力が低下し、体の機能が著しく低下した状態のことです。
主な原因は加齢といわれていますが、普段あまり運動をしないと30歳頃から毎年0.5〜1%程度の筋肉量を減らすともいわれています。

 

カゼなどで2、3日寝たきりになったあと、しばらく立つのもしんどかったなんて経験ありませんか?
「動かす」という刺激が入らないと筋肉はすぐに衰えてきます。

 

タボとロコモとサルコペニアの関係
高齢化社会に向けて生涯現役で元気でいられるようになるためには、まずはこの3つに注意する必要があります。
何故かというと、次の様な関係があるからです。

 

 

メタボ(血管障害などの問題がおきやすい、運動不足)

サルコペニアの進行
体を動かさないことにより、筋力が衰える

ロコモ(関節、筋肉などの障害、歩行困難)

要介護

 

 

食事だけ気をつけてやせているだけでも不十分です。
体を動かして刺激を入れてあげることも必要なのです。


人間は体を全て使ってあげないと、「廃用」といって使わない器官や筋肉の機能が失われたり、萎縮させるという状態を生じさせるのです。

そして60代、70代になって体が思う様に動かせないという結果を招きやすくするのです。

 

TV,ゲーム、PC、スマフォなどの普及により、体を動かす機会もかなり減ってきています。
人間をはじめとする動物は、もともと長時間じっとしているということが苦手です。
苦手な理由には、血液循環をさせて、細胞へ酸素・栄養を運ぶ、体の機能を衰えさせないようにするなどさまざまありますが、「体を動かす」ということが基本の姿だと思います。

 

 

「体を動かす」というより「頭を使う」「座ったままの作業」という割合の方がどんどん増えている環境になってきているように感じます。


70代、80代になっても自立した生活を送れるよう、生活スタイルを見直してみませんか?

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますニコッDocomo105

 

 

 

 

 

エントリー記事

SELECTED ENTRY

カテゴリー別

CATEGORY

投稿日別

CHRONOLOGY

関連リンク

FAVORITE SITE